君と一緒にどこまでも!

跡地です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 艦これアニメ3話感想 ]
2015-01-23(Fri) 01:45:35
えー、端的にいうと最低です。以上。

冒険の書(http://ejison.exblog.jp/23582144/ )の言葉を借りるなら

「我々は見たいものを見たくてテレビをつけます。
提督にとって、轟沈は最も見たくないものです。
はい、議論終了。」です。

・轟沈させる必要はあったか?

ありません。

上述のように、提督(アニメ視聴者の大半)にとって最も見たくないものは轟沈です。
しかも3話ですよ。3話。
後半、戦闘が激化して味方全員が満身創痍な状況なら
「しょうがない」と諦めることも出来たかもしれませんが、
この序盤、戦艦が出張ればけっこう余裕も感じられる戦場で、です。
何を考えてるかわからないアニメスタッフのいたずらにより如月は轟沈しました。
やりきれません。

・っていうかそもそも轟沈が行われる作風じゃなかったじゃん。

赤城さんが取ってつけたように「死んでもおかしくない状況」である、
という説明ををくっちゃべってるわけですが、
視聴者にとって3話の赤城さんの3~4分?程度の出番の台詞よりも、
これまでの1~2話によって「アニメ艦これの世界観」は構築されてるわけです。
その世界観とは「なんか敵はシリアスそうだけど味方は前向きかつ明るく頑張ってるね」っていう部活的なあれです。
「前提として危険ではあるけど主人公勢達の努力により悲劇は回避されることが物語の雰囲気上約束されてる」
スト魔女とかガルパン的なあれです。
僕は以前スト魔女2期のエイラーニャ回で
「死ぬわけ無いけど死ぬかと思ってハラハラした」って感想書いてたと思うけど、
その『死ぬわけ無いけど』っていう根拠の無い安心感。これをアニメ1~2話で演出していたハズです。
そして轟沈しました。話の脈絡上で考えて、意味がわかりません。

・轟沈させるにはどうすればよかったのか?

最初からシリアス路線で話を描くべきでした。
厳しい現実を強調し、ほのぼのとした日常パートを削り、ただただ敵の恐ろしさを描写すれば、
今回の轟沈も納得のいくものとなったでしょう。
しかし、諸提督の中にそのような「シリアス艦これアニメ」を、
この「艦これアニメ」に対して期待した方はいたでしょうか?
恐らくいないはずです。
「見たい」という方はおられるかもしれませんが。
何故なら、艦これの魅力とは「兵器としての女の子」という
格好良い可愛いキャラクター達に魅力があるからです。
そんな格好良い可愛い女の子を魅力的に描き出そうとしたならば、
話の大筋としてシリアスは選ば・・・ないでしょう。多分。
私は作家では無いのでわかりません。
素人目で見て、ですが、選ぶのは恐らくコメディかギャグ、
もしくはスト魔女のような「部活モノ」でしょう。
なので、「艦これ」という作品をアニメ化するにあたって、
轟沈という要素はこれっぽっちも必要無かったのです。

っていうか、この3話にしても、轟沈まで持っていく伏線というか、流れが雑すぎます。
なんですかあの素人目に見てもわかる雑なフラグ立ての数々は。
「絶対生き残ろうね」じゃねえよ。喋ってる暇あるなら戦闘に集中しろよと。
(睦月に対してそう言ってるわけではありません。
睦月を始めとした登場人物に「そう喋らせたアニメスタッフ」に対する罵倒です。

・轟沈がもたらす被害
えー、まず如月提督の方々にはかける言葉が見つかりません。
彼らにとってこの3話は(妙な性癖でもなければ)トラウマになったことでしょう。
「ようやく如月にスポットが当たってきたじゃないか!」と期待させてからの轟沈ですから。

そして次に、視聴者の大半は今後の艦これアニメの日常パートを楽しみにくくなったはずです。多分。
実際僕は如月が轟沈することを知ってから3話を見たので、
3話前半の日常ほのぼのパートはなんかもう見てられませんでした。
あまりに痛々しすぎます。
いやまあ3話に限れば僕のように「遅れ視聴組」が被害受けるだけで済んでいるのですが。
問題は今後です。
これからのお話で、
「死と隣合わせで戦っている女の子達が無理に明るく振舞っているように見える日常パート」を
純粋に楽しめる提督は一体どれだけいるでしょうか?
とりあえず僕は無理です。泣きます。
どれだけ自然に、どれだけ楽しそうに日常を描写したとしても、
「ああ、でもこの娘達は皆死を覚悟して戦っているんだなあ・・・」という
変な虚しさが頭をよぎり、全く純粋に楽しめません。

・でも

あれですね。
「アニメスタッフの連中轟沈演出しやがってこのやろう。俺提督は絶対轟沈させないぞ」と
ゲーム艦これにおける自分の艦娘達への愛着は強くなりましたね。
いやまあそんな効果を狙っての轟沈ではないでしょうし、
そもそもそんな効果を狙うこと自体が間違いなのですが。

以上。気分悪い。
日記TB : 0CM : 0
うっかりHOME艦これアニメ1話感想

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://syakkumann.blog104.fc2.com/tb.php/1075-ff5575ea



copyright © 2018 君と一緒にどこまでも!. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。