君と一緒にどこまでも!

跡地です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 鉄を熱い内に叩く作業 ]
2014-12-18(Thu) 02:26:44
自分の中でも混乱しているので、とりあえず文章化しておく。

経緯だけを簡単に説明すると、
SさんがMさんと別れ(恋愛的意味)、Kと付き合い始めたところにMさんがやってきて、
KはフラれSさんとMさんは元通り。
(余談、MさんはNさんとSさんとを取っ替え引っ替えする勢いで交際を繰り返してたようだ。)

で、Kから愚痴電話が飛んできて俺状況把握、後混乱。
Kの言い分としては、「Mはクズだからもうこのこと広めるよ」とのこと。

いやちょっと待ってくれと。

たしかに話を聞く限りMさんはクズだし、Kがそこまで憤るのも仕方ないことだとは思う。
しかし、俺にとっては今現在でもMさんはお世話になった大事な先輩なのだ。
Kは知らないだろうが、Mさんは誰より真面目に、優しく色々なことに気を使ってくれていたんだ。
そんな時代もあったんだ、と。
最近クズ化している片鱗はなんとなく察してはいるんだけどね。

さてここで考えるのは今後「俺」がどうしていくか、だ。
Kの言い分はとてもよくわかるし、その話のうえでのMさんはクズだ。
しかしまあ、恋愛沙汰、つまり人の心情の問題だしなあ、というわけでMさんはクズだが憎みきれない。
カンデラさん的に、「『何か深い理由があった』とか、『どうしようもない事情があった』んじゃねえのかなあ、って考えちまうんだよなあ」し、
俺の大事な先輩が阻害されようとしているのもとても悲しい。とても良い人なのになあ。
どっちの味方も出来ないわけである。
というわけで今後は中立でいこうとは考えている。
どちらともこれまで通りに接する、ということだ。
ただ、俺にも気に入らないものはある。
例えばKの様子を見るに、ヤツは今後Mさんを除外しようとする行動を取るだろうし(しゃーない)、Mさんのいない場で罵詈雑言を吐きまくる(しゃーない)だろう。
中立という立場を選ぶのであれば当然こんなん支持出来ないし、第一気に入らない。
小中学生の「気に入らない相手をいじめるガキ」じゃあるまいし、と。
「嫌なやつに構う時間があったら自分が幸せに、楽しむために時間を使えよ」と。
とても気に入らないのです。
その場合、俺は俺の好き勝手を通したいと思う。
即ち、「やめてくれ」と言うのである。
考えを改めさせるのは不可能だろうし、それはちょっと違う。

中立というのは、良くも悪くも「八方美人的、自分が可愛い行動」と捉えられるかもしれない。
そうかもしれない。
俺はKもMさんも今のとこ好きで、この場合どちらかに肩入れした場合もう片方から嫌われるのは必定で、俺はそれを恐れている。
だってしゃーないじゃん。
俺は「自分がどうでもいいと思っている相手」からならどう思われても全然構わないけれど、
「自分が好きな相手」からは嫌われたくないよ。
大抵の人はそうだろうが。
難しいのはここで、今現在の俺は「お前どっちにもいい顔したいだけだろ」と言われた時の回答を持ち合わせていない。
その通りだ、と開き直っていいのだろうか。
だから、自分の選択に胸を張れるよう、己の正義を貫き通すために、
俺は「誰」に「何」を言われようと、「中立」という立場でいようと思う。
例え結果MさんやKに嫌われることになろうとも。
一番報われない立場を選択しようとしているが、まぁここで戦いたいんだからしょうがない。
そのぐらいのほうが自分には合っているし、何より気持ちがいい。
採算を度外視して、自分を徹す、っていうのは、さ。

一番不可解なのはSさんである。
聞くところによると、最初Sさんは自分から別れを切り出したそうで。
でも、Mさんから言われてその仲は戻ってしまった、と。不可解過ぎる。
お前は一体何を考えて生きているんだ?と。
普通に付き合ってて別れたんなら今度もどうせわかれるだろう?と。
中立を選んだ以上Sさんを攻撃することに関わるつもりもないが、(っていうか上記理由でヤダ)
Sさんには一番肩入れできないし、そもそも今現在のごたごたってこの人が最大の原因じゃないか。
キミは一体何を大事にして、何を信条にして、どういう人間として生きているんだろう?
と攻撃と捉えられるかもしれない口調ではあるが、純粋に疑問。

Kもちょっといきすぎなのではないか、とは思う。諌めたいとは思うが、Kが受けた仕打ちを考えるとなんかもうどうしようもない。
うちの教授はよく「恋愛なんて契約じゃないし、人の心情なんて変わるもんだ。相手に彼氏彼女がいるからって、そんなこと全く関係ない」と言っている。
これに影響されたのかどうかは知らないが、
MさんとSさんの間にはぐにゃぐにゃ、ごちゃごちゃとして不安定な心情があった結果、
Kはこれに事故のように巻き込まれてしまった。なんかもうしゃーないんじゃないか、とは思うし。
Kの気持ちはわかるが、本当にガキじゃないんだから、相手を攻撃するこたないとは思うけど。
もっと許容量の多い人間に、「大人」になってほしい、とは思うけれど、
でも、しょうがないよねえ。こればっかりは本当に、しょうがない。

余談
でもまあ俺自身は人の幸せぶっ壊してまで自分が幸せになろうとは思わないなあ。
辺境伯「屍の上に築きあげた理想郷に、一体何の価値がある!」


しかしまあ、機械仕掛けの神とか降りてこないかなあ、と思う。
結局中立を選んだのってさ、どっちにも肩入れできないし、どう動いたトコで丸く収めることは出来ないだろうと思うんだ。
「やってもないうちから諦めるな」と言われるかもしれないが、どう考えても良いビジョンが浮かばない。
だから無宗教の俺はこの神に祈るしか無い。いや祈らないけど。フィクションだし。

「いや、だから、みんな幸せになるんだぞ。最後におかしな機械が出てきてな。
 "色々あったが、神が出てきて解決した(デウス・エクス・マキナ)"と
 うん? うむ、確かに納得はいかない。だが演劇の脚本であるなら、これぐらいの夢は欲しい。
 "色々あったが、解決した。" ……ああ、余はいい言葉だと思うぞ。
 人間の親愛や愛憎は、決して消え去らぬ。それを、機械仕掛けであれ、神が解決してくれるのだ。
 余はそこに、創作者の嘆きを見る。
 逆説的に言えば、絡まった愛憎の糸は人間では解決できないのだと、多くの創作者は分かっていたのだ。
 だから、これは最後の希望なのだと思う。
 滅びに傾いたものたちが、絶望の中で、それでもどこかに解決できる者がいる筈だと請い願う。
 ……そうだな、たとえばの話。あらゆる宗教を弾圧した王がいたとしたら、そやつは喜ぶであろうよ。
 祈る神のいないそやつにとって、この機械仕掛けの神こそが、己が憐れな最期を看取ってくれるのだろうからな」


TYPE-MOON wikiより引用
日記TB : 0CM : 0
世界樹Ⅳ裏ボス弱体化させたらドMさん並だった。HOMEタイトルなし

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://syakkumann.blog104.fc2.com/tb.php/1070-f4be3b3a



copyright © 2018 君と一緒にどこまでも!. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。