FC2ブログ

君と一緒にどこまでも!

跡地です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 北海道ツーリングレポート⑥ ]
2013-10-08(Tue) 18:57:40
まだ4日目なんだけど、全部で11日ぐらいなんだよねぇ。ナンバリングどうなるんだろう。

まぁこっから先はけっこう走ってばっかだから、さくさく進むかもだがw

4日目「それぞれの旅路へ」2013/9/6

鍋会から一夜明け。

7:00頃起床。

IMG_2797.jpg
今日もいい天気。

物音で目が覚めるのか、

同じぐらいの時間に目覚めるのかはよくわからないけど、ぞろぞろと起きだす皆(俺含)

そして朝飯へ~。

前日の鍋会で残したご飯で、田中さんと高淵さんが雑炊と炒飯を作る。滅茶苦茶にうまい。

そんな感じの朝飯後、

どっかからかひょこひょこ現れた旅人さんを交えてなんだかんだで記念撮影することに。
(俺この人と全く話してないんだけど、どういう経緯で一緒に写真撮ることになったのかしらん・・・。)

IMG_2796.jpg
一応、顔の方は隠しておきます。

左から順番に田中さん、高淵さん、中腰の町田さん、旅人の方、井上くん、俺。

ちなみにテント仕舞ったりしてる途中だったから、後ろに俺のテント写ってますね(

写真取った後、その旅人さんはいずこかへと姿を消し~、
(ホントになんだったんだろう?)

各自出発の準備をするのでした~。

IMG_20130906_090155.jpg
高渕さん「ダシ浮いてるぜー」

「まじだーっ」

みたいなアホな会話をしたりしつつ。

そんな中、コンテナ挟んで反対側でキャンプしていたオフ車のおっちゃん(≠セイコマTシャツの人)と軽く談笑。

おっちゃん「今からサハリン行くんですよ~」

「まじかー」
「すげぇ」

「この飯盒年季入ってんなー」

おっちゃん「戦時中のものなもんで~」

高渕さん「やべぇ、負けたぜ俺ら!

何と戦っているのか( ̄∇ ̄;)

IMG_2802.jpg
お見送り。

高渕さん「あー、あの人も鍋誘っといたらもっと楽しかったかなぁ・・・。」

正直あれ以上楽しくなったらそれはそれで恐ろしいぞ!

その後、

前日中に結局、利尻島へは行かずに、南下する予定の井上くんに付いてくことに決めていた私。

一方で、何時ぐらいの船で利尻島へ渡るか~、とか、渡った後は~、とか、そういう相談をしてる御三方。
(たしか、歩きで時間かかるから~、ってことで、田中さんが早めに渡って、
お昼過ぎので高淵さん、町田さんの二人が追いかける感じになったんだったかな?)

んで、片付けが終わったらしく、

高渕さん「船出るまでの間にちょっと宗谷岬行ってくるわ~」

というノリで高渕さん出発。

・・・・これが彼との別れになるとは・・・、まぁ出発する後ろ姿を見ながら薄々は感じていたけど、
(「え?あれ?戻ってくんの?あれ?」みたいな。)

えらいあっさりだなこりゃ、と思ったものでした。

まぁでも、別れても案外そのへんで再会しちゃうんでは?と思えてくるあたりは北海道マジック。

高渕さんと一緒に町田さんも出発。町田さんとは最後握手したりしてしっかり別れましたね(

高淵さん・・・あっさりすぎんぜ・・・w

まぁでも、今後バイクのチェーンに油やったり、

5-56で車体磨いたりする度に思い出すだろうから、忘れるこた無いだろうけどw

さて、残された俺と井上くん、田中さんは例のシャワー施設へ~。

というのも、三人一致で「洗濯したいねぇ。」だったので。
(俺は+、シャワー浴びたかった。)

施設に着いたのが10:00ぐらい。

休憩スペースもあったので、皆さん思い思いにのんびりと過ごしてた~。

そして出発の時。

田中さん「二人はどこまで行くんですか?」

俺「とりあえず宗谷岬行ってから~、こっちのほうまで戻ってきて、
暫くは海岸線沿いで南下。天塩のあたりで40号入ってそのまま真ん中付近を南下~、って感じですね。」

井上くん「~のあたりまで行けるんじゃないかな、と」

田中さん「成程、だったら名寄の・・・(地図出しながら)ここのキャンプ場がオススメですよ。かなり良いとこで、他の旅人さんと話したらその人には『今日で3日目なんですよ~』って言われました(笑)」

俺「おお、んじゃとりあえずは名寄目指す感じで?」

井上くん「ですね。」

「では、また会いましょう。良い旅を~。」っていうノリで出発。




さて、井上くんとは一緒に行く上で、

「速さとか途中立ち寄って写真撮りたいとか色々あるだろうから、
目的地だけ決めて各自適当にそこまで走って行く」ことにしよう!

と決めてあったので、稚内から宗谷岬へ向かう道を遠慮無く吹っ飛ばす私。

この道はどのライダーものりのりで挨拶してくれるから楽しいね。

ついつい調子乗った風な感じで挨拶してしまった私。「指差しポーズ、ビシッ!」

事前情報で、井上くん「ここの道に入った先の宗谷丘陵がいいらしいです」とのことだったので、889号線?だったかな?を意識して走ってた。

走っていた・・・のだが、スピード出してたこともあって、危うく通り過ぎそうになる。

っていうか半ば通り過ぎる。

その状態から、対向車・後続車がいないことは確認済みだったので、

「なにくそー!」と無理やりカーブを切るために車体を倒しすぎ・・・危うくコケそうになる( ̄∇ ̄;)

いやー、危なかった。かなり頑張って踏ん張ったもん。車体40度ぐらい傾いてたんかな?

対向車来なくて良かった。

「こんな目に合わせやがって、宗谷丘陵、いいとこじゃなかったらタダじゃおかねー」

って走り始めたんだけど、

数十秒後には「うわははははwwすげぇっwすげぇwwww」と大爆笑で走ってました。

何故かって、











IMG_2806.jpg

絶ッッッ!!!!








IMG_2808.jpg
景ッッッ!!!!


・・・写真で絶景具合が伝わるかどうかは激しく不安ですが(

いやもうね、絶景ってこういう時のためにある言葉なんだなー、と実感したよね。

絶景。想像を絶する風景?とにかく凄い。

海沿いをブォーンと走ってて、丘に挟まれた谷間みたいなとこを、

スルスル登るように進んでいった先に待ち受けた景色がこいつなんですよ。

景色見た瞬間に笑いしか出てこなかったさ。

絶景ロードを暫し堪能しつつ、「あれ?こっちでいーのかな?」っていうノリで進むと、そこには~

IMG_20130906_130931.jpg
宗谷岬~。

・・・・まぁ、ぶっちゃけ宗谷岬は普通に岬。

観光客がわらわら居て、いかにも観光地。

とは言いつつも、

IMG_2810.jpg
写真はしっかり撮った!

バスガイドさんが「写真撮りましょうか~?」って言ってきてくれたので、お言葉に甘えて撮ってもらった。

ただ、写真見て分かる通り、

バスガイドさん「どんな感じで撮ります~?」

俺「適当で~。」

って返事したのは失敗だったなぁ。人物アップで撮ってもらったら良かったわ。

あ、言うまでも無いけど、左が井上くんで右が俺。

小さいし、顔隠すとポーズとか見辛いからなぁということで特に隠したりはしてない。

ポーズはいつもどおり承太郎の指差しポーズ。ビシィッ!

おみやげ屋さんステッカーを買ったり、

ガソリンスタンドで最北端到達証明証をもらいつつ給油したりした後~、

俺「とりあえず昼飯どうするかだよねぇ」

井上くん「ですねぇ」

俺「なんか食べたいもんある?」

井上くん「うーん・・・」

俺「このへんの店は高そうだしなぁ・・・。よし、稚内まで戻るついでで、セイコマで昼飯にしない?」

井上くん「いっすよ~。」

という具合で、稚内まで戻る。

まぁ、戻るのは元々の予定通りだしね~。

宗谷岬越えた先~知床あたりまでの海岸沿いは何も無くて超ツマランと、

おっちゃんや高淵さんから聞いていたし。

半ば迷走しつつ、(どう考えても先頭で走ってた俺の責任です。井上くんすまん。)

稚内のセイコマに到着。

町田さんオススメのセイコマパスタ、ボンゴレとカルボナーラを頂く。

と、食べてる最中に道の向かいをちょろちょろ走る町田さんを発見。再会早いなー!

道の向かい、ってこともあって、特に話したりはしなかったけどね~。

そんなことがありつつも、昼飯チャージし、14:00。

ここから南下していきます~。←次回ここから。

・・・・まったくさくさく進んでねーじゃねーか!
日記TB : 0CM : 0
はっはっはっHOME北海道ツーリングレポート⑤ 幕間

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://syakkumann.blog104.fc2.com/tb.php/1029-e4a88dfd



copyright © 2018 君と一緒にどこまでも!. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。