君と一緒にどこまでも!

跡地です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 北海道ツーリングレポート⑤ 3日目夜 ]
2013-10-03(Thu) 19:59:31
書きますか!

3日目夜「最初からこんなんでどうすんの改」2013/9/5
(最初っからいい思いしすぎじゃね?という話です。)

事の発端は3日目の氏の発言に因る!

高渕さん「夜さー、皆で鍋しよーぜ。」

最早彼の中では夜に鍋、というのは確定事項らしく、うわ言のように言い出す始末。
(っていうか前日から言ってた気がする。)

そんな感じだったので、夕方頃、高淵さん、井上くん、俺の三人で、近所のスーパーへ買い出し~。

高渕さん「さて、鍋っていうと~」

俺「白菜とかネギとかですねぇ~。」

井上くん「豆腐とか?」

高渕さん「魚買おうぜ、ほっき。」

俺(ほっき・・・?ほっけのことかなぁ・・・?)

~魚売り場へ~

高渕さん「おー、色々あんじゃんー」

俺「ありますねぇ、しかも安い。」

そう、けっこう大きめの魚が、一匹100円とか200円ぐらいの魚で売られていたのである!

これにしようかー、と選んでカゴに入れようとすると、

魚屋のおっちゃん「おー、にいちゃんら、ちと待て。…ほい、と」

っていうノリで半額シール貼ってもらいましたヾ(*´∀`*)ノ

その後、昼間に行ったホームセンターで高淵さんがなんか大きい鍋を購入し、帰還。

買い物に行ってる間に、

岬やら山やらへのお出かけから戻った町田さんと田中さんの顔合わせは済んでいたようで、

すっかりお知り合い、といった雰囲気の二人に迎えられる。

そして。

田中さん「あっちの端のほうとか、コンテナで大分風防げていい感じですよ」

高渕さん「先に言いましょうよ!

みたいなやりとりを経て端を下見。凄く快適。移動確定。

そーいえば酒類無いね、みたいな話になった・・・んだったかな?

兎にも角にも、

町田さん、田中さん、井上くんの3人は飲み物なんかの買い出しに出発。

その間に、高淵さんと俺とで皆の荷物を運ぶ。

出発する時に、

「俺らは買い物戻ってから、荷物と一緒にそっち行くからー、荷物置きっぱでいーよー。」

って言われたんだけど、高淵さんがさも当然のように荷物運んでいくもんだから、釣られて運ぶ俺。

・・・・戻った時に色んな意味で驚いてなきゃいーんだけど、みたいな。

そして会場設営。

うちのninjaと高淵さんのGSを壁に垂直に、車体間にスペースを空けて並べ、

車体同士の間に鹵獲したブルーシートを敷き、コンロ、鍋を設置。
(強風でどっかからか飛んできたのを、「これ使えるんじゃね?」ってノリで鹵獲しといた。)

バイクのハンドル同士を結ぶ感じで荷造りゴムヒモを渡して、そのヒモに照明を設置。

設営完了!

・・・・写真撮っとけば良かったね。

設営完了してまもなく、御三方帰還。

各自米を炊いたり(田中さん、高淵さん)、

魚を捌いたり(高淵さん)、

鍋の準備をしたり(高淵さん、町田さん)、

と、晩餐の準備を整える。

・・・・俺なんもしてないなぁ(

井上くんはどうだったか詳しく覚えてないけどね(

こういう経験がモノを言う場では、

俺のようなぺーぺーは手伝うふりして眺めるぐらいしか出来ませんのでした。嗚呼、無力。

そして晩餐。大体19:00開始。


IMG_20130905_193806_201310031917439e6.jpg

エビやら何やらも買っていたので、えらい豪勢な海鮮鍋に!

捌いた魚を塩焼きにしたりとかね!

IMG_20130905_193134.jpg

なんかもう至福。

高淵さんの提案でつけた、ラジオの野球中継も良い味出してるし。

皆で酒飲みながら鍋つつく、っていう雰囲気がたまらないね。

サッポロクラシック!

・・・・ビールは(っていうか酒自体)そんなに好きじゃないけど、

皆で酒を飲む、っていう行為自体は好きなので楽しかった!

食べながらなんか色々な談笑はしてたんだけど、シモネタ関連がミョーに印象に残ってる感じでした(←

田中さんの性感マッサージの話とか(

高淵さんの「観光地でいかに女とするか」っていう話とか(

個人的にそのテの話は好きなので楽しかったけどw


それとウィスキーの話とか。

俺以外の4人はけっこうお酒好きーな感じだったので、そのテの話で盛り上がってましたね。

高渕さん「ウィスキーなら、銀のスキットルに入れて飲むといいんですよー」

「へぇ」

高渕さん「銀の効果でアルコールが中和されて味がまろやかになるんですよ」

「おー」

町田さんとか田中さんは飲んで、「おーっ」って感じだったけど、

俺は「んぐあっ」って感じでしたねぇ。駄目。日本酒よりアルコール高いのは駄目。


そうして夜は更けていったのでした~。

日付が変わった頃に、皆でテントを固めて設営し、就寝。

その時の心境を私はtwitterでこう述べております。

一人が二人、二人が三人、三人が五人と増えていくさまはとても楽しかったです。
んでもって、人の善性が凄い勢いで発揮されていくあたりは北海道マジックだと思う。
吹っ飛びそうなテントを助けたりとか。そんな感じ。おやすみなさい。



~後記~

この日は行動も少なく、大体皆と会話してた感じだったので、文章量少なめですな。

流石に会話1つ1つとか覚えてないからねぇ。

そんな感じで、旅は続いていきます。明日は・・・更新出来るかな?(ふらぐ

あ、それとこのブログ、スマホ版だと見れないけど、

PC版だと左側にtwitterの俺のアカウントが表示されるので、そちらも是非~。

白瀬@FGSXR で。
北海道ツーリングレポートTB : 0CM : 0
北海道ツーリングレポート⑤ 幕間HOME北海道ツーリングレポート⑤ 3日目~

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://syakkumann.blog104.fc2.com/tb.php/1027-8a27b541



copyright © 2018 君と一緒にどこまでも!. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。